敏感肌の人におすすめのシャンプーの選び方とは?

敏感肌やアトピー肌の人の中には、頭皮を洗うシャンプーにも気を使っている人もいるでしょう。
そんな敏感肌の人向きのシャンプーの選び方をご紹介します。

 

敏感肌の人の頭皮とは?

顔や手と同じく頭皮も肌の一部なので、敏感肌であれば気を遣っている人もいるでしょう。頭皮は顔のTゾーンと比べて皮脂腺の数がおよそ2倍も多く、体の中で一番多いと言われます。
敏感肌の人が頭皮も乾燥し、フケや抜け毛などが発生するのは、肌の保湿力が弱いことが原因です。

 

敏感肌の人がシャンプーを使うのに注意すること

アトピー肌の人はなるべく毎日髪を洗うようにしましょう。ですが刺激に弱いので、かゆさから1日に何度も髪を洗ってしまい洗いすぎたなんてことはないようにしましょう。
髪を洗うときは爪を立てないで指の腹で優しく、毎日洗うことが大切です。頭皮にシャンプーの洗浄剤が残らないようによく洗い流します。生え際や耳の裏側は流し忘れが多いので注意しましょう。
洗い方は、皮脂の分泌が減少した40代以降の人にもおすすめです。
シャンプーの後のリンスにも、商品によって刺激の強い成分が入っていることがあるので毛先を中心に、頭皮には付けないように使います。流すときはシャンプーよりも丁寧に流します。

 

シャンプー以外に食生活にも気を付ける

肌ストレスが起こらないように、栄養バランスの良い食事を心がけ、適度な運動と十分な睡眠時間をとるようにしましょう。そうすれば新陳代謝や血流が良くなり、肌ストレスから解放されます。

 

敏感肌の人のシャンプーの選び方とは?

敏感肌の人の頭皮が保湿力に弱いことは既にお話ししましたが、その原因は角質のバリア機能が低下していることにあります。この状態では界面活性剤などのシャンプーに含まれる成分が入りやすくなります
その為、なるべく刺激の弱い、余計な成分が含まれていないシャンプーをオススメします。
無添加の石けんにはそういった余計なものは入っていないので肌にもやさしいと言えます。特に、低温加熱製法(=コールドプロセス)で作られたものは保湿成分が含まれているのでオススメです。

 

フケで悩んでいたり、アトピー性皮膚炎の人であれば、フケ専用のシャンプーを使っている人も少なくないでしょう。
しかしフケ専用のシャンプーの多くには様々な殺菌成分が含まれています。それらの洗浄力は強すぎる場合もあるので、出来れば使用しない方がいいこともあります。

 

実は、シャンプーなどで敏感肌向けとしている商品の全ての商品が、誰の肌にでも合うとは限らないので、自分の肌に合ったシャンプーなどを使うことが大切です。
およそ1ヶ月は使用してみて、肌の様子をみてみましょう。刺激を感じたり、肌の状態が悪化したときはすぐに使用を中止しましょう。