化粧水で頭皮の保湿ができるの!?

あまり聞きなれないかもしれませんが、化粧水で頭皮を保湿している人、結構多いようです。

 

化粧水を頭皮に使っても大丈夫?

保湿などの目的で顔に化粧水を使う人はかなり多くいるでしょう。しかし、頭皮に化粧水を使う人ってあまり聞いたことがありません。
なんだか不安…と思うかもしれませんが、頭皮も肌の一部なので全く問題はありません。

 

冬場は顔が乾燥するだけでなく、頭皮も乾燥しています。
また、夏は紫外線などでダメージが多いので、実は化粧水を使う方がオススメです。

 

紫外線のダメージはどれくらい?

紫外線と言われると、顔や髪などばかり気にしがちで、また髪で守られているように感じそうですが、全身で一番紫外線を受けるのが頭皮です。
薄毛や白髪などは紫外線が原因ということもあります。髪のケアだけでなく、頭皮のケアをしなければ、薄毛などの対策をいくらしていても効果が表れないかもしれません。また、荒れた頭皮は紫外線によってかなりダメージを受けてしまいます。
化粧水で頭皮ケアをすることで、頭皮の状態が良くなり保湿効果が期待できます。

 

頭皮の皮脂対策は?

頭皮のインナードライによって、汗とともに皮脂が過剰に分泌されることがあります。乾燥が原因になっているので、化粧水での保湿が有効な場合があります。
また、ビタミンCが含まれる化粧品なら、皮脂の分泌がコントロールされる働きがあるので、こちらもオススメです。

 

インナードライとは…肌の表面は潤っているように感じるものの、実際は乾燥し、水分不足の状態のことを言います。このままの状態では肌のターンオーバーがうまく行えず、肌トラブルの原因になります。肌の乾燥が原因となり外部からの刺激に弱くなってしまい、皮脂を分泌することで肌を守ろうとします。その為、オイリー肌だと勘違いすることもあるようです。

 

頭皮の保湿に最適な化粧水とは?

頭皮の保湿にはミストタイプの化粧水がオススメです。洗髪後のドライヤーをした後に使うと効果的です。
保湿方法は、指の腹を使って、マッサージする要領でやさしく馴染ませます。
使用する化粧水ですが、成分にテカリ防止や皮脂コントロール機能、保湿機能、紫外線からのダメージケア成分などが含まれているものが特にオススメです。

 

生活の中で頭皮を乾燥させないようにする

化粧水での頭皮ケアはもちろん有効ですが、毎日の生活の中で頭皮を乾燥させないように工夫してみることも大切です。

 

頭皮にやさしいアミノ酸系シャンプーを使う。

現在販売されている多くは”高級アルコール系シャンプー”と言い、強い洗浄力で必要な皮脂まで洗い流してしまうことがあります。肌の弱い人であれば、頭皮が荒れる原因になることもあります。
”アミノ酸系シャンプー”は洗浄力は弱く、肌にやさしいとされるシャンプーです。程よく皮脂を残し、頭皮を保湿する効果があります。また、刺激も少なく敏感肌の人も安心して使えます。
シャンプーの後にトリートメントをするなら、同じシリーズのものを使うのがベストです。

 

シャワーの温度を調整する。

シャワーの温度は意外と重要で、暑すぎると必要以上に皮脂を洗い流してしまい乾燥の原因になります。
洗顔には良いとされる32度では皮脂や整髪料が落とせません。
お湯の温度が30度で皮脂は溶け出し、40度では保湿成分が溶け出してしまいます。
頭皮の皮脂だけを落としたいので、だいたい38度でしっかりと洗い流しましょう。

 

タオルドライをしっかりと行う。

ドライヤーの前にタオルでしっかりと水分を拭き取ります。
洗った後の髪や頭皮は柔らかくなっていて傷つきやすいので、吸水力の良いタオルでやさしく拭き取ります。
頭皮は頭にタオルをかけた状態で指の腹でマッサージするように、毛先はタオルに水分を移すように軽く押さえます。

 

ドライヤーの使い方にも注意点が!

自然乾燥では雑菌が繁殖しやすく、濡れたままのやわらかい髪は傷みやすくなっているのでドライヤーは使うようにしましょう。
ドライヤーは熱ではなく風で乾かすものなので、至近距離で、同じ場所を集中的に熱風をかけ続けるのは乾燥の原因になるのでやめましょう。
髪から30cmは離し、まんべんなく乾かします。

 

ドライヤー後に頭皮を保湿するのが大事!

ドライヤーをした後に保湿します。化粧水や頭皮用のローション、育毛剤などでも保湿できます。
この時も指の腹を使って、やさしくマッサージするように馴染ませると血行が良くなりより効果が期待できます。

 

今すぐできる紫外線対策とは?

外出の際は、日傘をさしたり帽子をかぶったりすぐ他にも、
頭皮にスプレータイプの日焼け止めをかけるなどを行って紫外線対策をして乾燥を防ぎましょう。

 

 

薄毛や白髪の原因は老化であることが多いですが、頭皮が乾燥したことが原因になることも多くあります。
髪を健康にするには頭皮の状態を良くしなくてはいけません。顔だけでなく頭皮ケアも大切です。