医師が勧める、髪に優しいシャンプーとは?

スーパーやドラッグストアなどに行くとずらっと並ぶシャンプーを目にします。それほど多くの商品が販売されていますが、髪に本当にやさしいのはどれか知っていますか?今回は医師が勧める、髪に本当に優しいシャンプーについて解説します。

 

シャンプーについての基礎知識

シャンプーには”化粧品”と”医薬部外品”と記載されるものに分けられます。これは薬事法という法律によって分けられています。

 

化粧品

髪の状態を保つのを目的とし、体へ塗ったりするもので、人体への影響などが弱いものをさす。清潔な体でより良い容姿にするのち用いるもの。

医薬部外品

脱毛防止、除毛や育毛を目的に使用されるもので、人体への影響などが弱いものをさす。医薬品よりも効き目がやさしいもの。

 

薬事法で定められている内容のうち、髪について定義されているものを簡単に説明するとこうなります。
他にも、成分表示にも違いがあり、化粧品は全成分を記載しなくてはいけないなどの違いがあります。

 

シャンプーの種類と特徴

シャンプーは大きく3種類に分けることができます。

 

高級アルコール系シャンプー

”高級”とは、アルコールの分子中の炭素が多いもの、”低級”とは少ないものをさします。油性は炭素が多くなるほど強くなるので、低級アルコールは水性、高級アルコールは油性ということになります。炭素が多ければ洗浄力は良くなります。

 

一般的なのは石油由来の界面活性剤を使用したものですが、強い刺激を感じる人もいるので注意しましょう。この高級アルコール系のものは、現在販売されているシャンプーの大半に使用されています。

 

石けん系シャンプー

原料に天然由来のものが使われている石けん系シャンプーは安全だからと好む人もいる反面、洗浄力が強いので頭皮の皮脂を取りすぎることがあります。

 

アミノ酸系シャンプー

他のシャンプーに比べると刺激が弱いので頭皮の乾燥を防ぎ、敏感肌や薄毛の方にオススメです。逆に言えば、洗浄力が強くないので丁寧に髪を洗わないと、汚れが落ちにくいことがあります。

 

髪にも頭皮にも本当に優しいシャンプーとは?

それぞれの特徴を挙げてみましたが、髪や頭皮に本当に優しいシャンプーとは一体何なのでしょう。刺激が弱いので、敏感肌やアレルギー肌の人でも使えるなどのことから、アミノ酸系シャンプーが一般的にはそれだと言われています。

 

乾燥やフケ、薄毛などで悩んでいる人にはアミノ酸系シャンプーが安心でオススメでもありますが、アミノ酸系シャンプーを使えばすべての人に良いということではありません。肌質や髪質によってどのシャンプーが良いのかは人それぞれです。

 

高級アルコール系シャンプーを使用していて何も問題を感じないようならばそれを使い続けても良いのです。もし他のシャンプーから高級アルコール系シャンプーに変えてから肌トラブルが起きたのであれば、敏感肌や乾燥肌かもしれないので、アミノ酸系シャンプーを使ってみても良いでしょう。

 

ただ、脂性肌の人は注意が必要です。脂性肌は皮脂の分泌量が多いので、アミノ酸系シャンプーの洗浄力では皮脂汚れなど落としたい汚れが落ちない可能性があります。洗い残した皮脂が毛穴を詰まらせると肌トラブルが起きてしまいます。パーマやカラーをしている人が高級アルコール系シャンプーを使うと、効果が長持ちしない場合もあります。パーマやカラーが長持ちしなくて悩んでいる人は、アミノ酸系シャンプーを使ってみると良いかもしれません。

 

やさしい洗浄力で効果を持続させることがあります。

 

一方、石けん系シャンプーは頭皮のベタつきなどに悩んでいる人には効果的です。洗浄力が強い分、間違った使い方をすれば髪が「きしむ」ことがありますが、「きしみ」を緩和されるためにリンスを酸性のものにすれば成分が中和され改善される場合があります。

 

成分表示は含まれる量が多い順に記載されています。一般的には水、洗浄成分(=界面活性剤)の順に記載されています。

 

高級アルコール系

ラウレス硫酸、ラウリル硫酸など

石けん系

石鹸素地、脂肪酸など

アミノ酸系

グルタミン酸、メチルアラニンなど

 

 

アミノ酸系シャンプー以外はどれも洗浄力が強く、皮脂汚れも落とせますが、逆に落としすぎることがあります。洗浄力が弱いアミノ酸系シャンプーですが、それが過剰に皮脂を落としすぎないので保湿力に優れています。メリットとデメリット、また自分の肌質などを考えておすすめの育毛シャンプーを選ぶようにしましょう。